現代が求める納骨堂

どうして現代には納骨堂が必要なのでしょう?納骨堂のメリットを考えるとともに、納骨堂が必要とされる理由を紐解いていきましょう。その中には大都市、東京ゆえの理由もありました。

東京都版:納骨堂事情

実際の納骨堂とはどのようなものなのでしょう?数自体が増えている分、その中の様子も多様化してきているでしょう。納骨堂について詳しく知らない人も多いでしょうから、その中身を簡単に見ていきましょう。

変容する葬儀

日本文化や昔からの様々な慣習も時代の流れに沿って変容してきています。
変化をしていくことは当然であり、それが時には寂しく感じるような場面もありますが、一方で時代への適応の証でもあります。
この文化・慣習の変化は、「故人の弔い」、「お葬式」についてもそのようにいえるのではないでしょうか?

故人の希望や遺族の要望等により、宗教にとらわれないオリジナルな葬式をプロデュースする自由葬や、火葬後の遺骨を海や山に散骨する散骨葬、墓ではなく地中に埋骨し墓石の変わりに樹木を植える樹木葬、など自然に帰すという埋葬方法を利用する人も増えてきています。

そのような新しい方法が生み出されてきただけではなく、お墓への埋葬についての考え方や現状も変化してきているのではないでしょうか。
そこで注目したいのは、近年さらに需要が増えてきている「納骨堂」への埋葬です。

人口が密集する大都市圏では納骨堂が需要に伴ってたくさんつくられ、東京都ではその多さに対し、現在では納骨堂の建設に規制がかかっているほどだそうです。
日本の文化の中心ともいえる東京都で、そこまでの変化が出てきているということは、納骨堂の需要の増加は全国的な流れなのでしょう。

では、どうして今「納骨堂」が必要とされているのか?
大都市圏、東京都ゆえの理由はあるのか?
「実際の納骨堂」はどんなところなのか?
東京都にはたくさんあると言うなら、多数の納骨堂から選ぶ時のポイント、注意点はあるのか?

などに注目しながら、東京都内の納骨堂事情について考えていきましょう。





納骨堂を探しましょうか

東京都の納骨堂を探そうとした場合、ありがたいことにその選択肢の幅が広い分、悩んでしまいますよね。納骨堂選びのポイントに注目して、あなたにぴったりの納骨堂を見つけましょう。