東京都版:納骨堂事情

故人を供養する際、火葬された後拾われた骨は骨壷に入れられ、墓地にあるそれぞれの家系、家の墓に入れられるのが当たり前でしたが、納骨堂を選んだ際には、寺院等施設内の納骨堂の一つの棚に、その骨壷がおさめられるというのです。

増加してきているという納骨堂は、寺院やビルなど運営母体や、その内部の様子も様々です。
運営母体は、寺院の他、自治体などによる公営は霊園に併設されているケースが多く、民営のものは、今増加してきているビル型のものが多いです。

そしてその内部の様子は…
・位牌のみをおさめる
・一人ずつのための仏壇に、それぞれ骨壷をおさめる
・棚やロッカーに骨壷をおさめておき、お参りの際に出してきて施設内にある仏壇の前でお参りをする

そして中にお墓とは思えないような、とてもハイテクなもハイテクな形式のものもあります。
カードキーを差し込めばおさめられていた骨壷や位牌が流れ出てきたり、仏壇が自動開閉したりするものもあります。

納骨堂の形はそれぞれ違えど、一つの施設内にたくさんのお墓が集合しています。骨壷のマンションの様なものでしょうか。
まるで持ち家の一軒家が大多数だった住居が、今ではマンションが数多く建ち並び、家族で家を引き継いでいかないようになっているのと同じ現象のようにも思えますね。

果たしてお墓でなくて本当に供養されているのだろうかと疑問視するような声もあるかもしれませんが、墓地が遠かったりしてお墓の管理やお参りに行くこと自体が困難で、故人から足が遠のいてしまうことも現実には問題視されています。少なくともこの負担は軽減され、お墓参りがもっと身近になり、家族のつながりが続いていくのではないでしょうか。